もぽログ.ch

このブログは普段大きな声に出して叫べない子供への愛を思いっきり綴り、欲求を叶えてくれるというものです。

幼い頃からはじめた【絵本を読み聞かせるということ】

わが家では息子が産まれて半年もしないうちから
絵本を読んで聞かせている。

一般的には読み聞かせは
10ヶ月くらいからと言われているが

わが家では大分早い投入となった📗

赤ちゃんはお腹にいるときでも
母親の声や音楽を聞いているとか。

だったら絵本だって
理解はしてなくても早い時期でも良いではないか、
というのがその理由だ。


最初によく読んで見せていたのが50音の絵本。

50音が頭文字で
「あ」なら、あひる
「す」なら、すこっぷなど

動物や物の名称になっていく絵本だ。

はじめの頃は
パラパラとページをめくって
読み上げていただけだったが、

時が経つに連れて
ページをめくると息子からその名前が
すらすらと出てくるようになり

その成長は顕著に現れてきた。


当時は私自身
その成長に凄く驚いたことを覚えている。


わが家では毎月2~3冊の絵本を購入しているので
今では本棚いっぱいに絵本が陳列されているほどだ。


息子も絵本が大好きで寝る前はもちろん、

朝起きてからや保育園から帰ってくるなり
絵本を読んでとおねだりをしてくる。


おやすみの日には図書館に行き

そこで読むだけではもの足りず
絵本を借りて家で読みあさるほど本が大好きになった✨


子どもに絵本を読み聞かせるのは
言葉の発達の為だと聞いて始めてみた。

最初は正直、半信半疑でやってみたものの


最近特に感じることは、

2才10ヶ月の息子の流暢な喋り方だ。


それが絵本の影響なのか定かではないが

この年でこんなに会話が成り立って
お話ができるものかと関心を通り越し驚いている。


何はともあれ絵本を読むことで
言葉を覚え親子のスキンシップもとれるので

現状でわが家になくてはならない
ツールとなっている。


絵本と聞くと子どもだましな
内容は薄っぺらいもののような偏見を
持っていた私だが

絵本をあなどるなかれ。

大人が目を奪われるような圧倒的な画力や

私がどんどん読み進めたくなってしまうような
面白い内容の絵本も数多くある🎶


大きくなっても本から学ぶことは多々あると思う、


これからお姫💓にも同じように
読み聞かせていきますが


小さいお子さまのいるご家庭の皆様、

ぜひ親子が寄り添って
絵本の内容に一喜一憂し

愛を育んでみるのはいかがでしょうか💝