子供への愛しい想い、愛を叫ぶブログ

このブログは普段大きな声に出して叫べない子供への愛を思いっきり綴り、欲求を叶えてくれるというものです。 私に少しでも興味を持ってもらえたら、下記のリンクを覗いて見てください😌喜びます🌱 マイチャンネルこちら。 https://www.youtube.com/channel/UCppl1snoFtueiWOVdz5xzCg Twitterはこちらです。 https://twitter.com/kEGg7rPEJloG0fF 遊びに来ていただけると幸いです🍓ペコリ♪

専業主婦、育児休暇のお値段

私は妻はもちろん、

育児に携わっている全ての方をリスペクトしている。



現在妻は、息子とお姫ともに

一年の育児休暇を終え職場復帰している。


妻が専業主婦をしてくれている期間は


産まれたばかりの子どもの心配はなくなるし

その間、家も守ってもらえる。


いつも仕事で家を留守にしている私にとっては

とても安心でき頼りになる存在であった。



保育園でのお姫と同じクラス、

同い年の友達の一人が退園した。



両親の離婚で園を離れることになり


離婚の理由は又聞きではあるが



夫婦間のもつれ、


育児に対する意見の食い違いらしい。



あくまでも噂で、真意の方は定かではない。



私の中で育児というのは

とても大変な行為だと認識していて、


職場に通勤して仕事をしている方が

はっきり言って全然楽とも思える。



仕事は選り好みできるし

発言力があれば拒否権も与えられる



しかし育児にそれはない。



1日24時間、子ども中心の生活で


嫌だろうが眠かろうが子どものリズムに

合わせなければいけない。



仕事に例えるなら、


こんな自分の人権を無視されたハードな職種があるだろうか。




子どもが僅か一歳で両親が離婚。



どんな理由であれ


とても正気の沙汰とは思えない。



その子は親の都合で

僅か一歳で片親になってしまい、


これから両親の愛情を一身に受けて育つことができない。


それをとても悲しく、不憫に思ってしまう。



その子が退園したことは


私たちにとっても残念だし

お姫にとってもすごく寂しことだ。



【この子たちと別れるなんて無理です】

https://youtu.be/JSovBfB6pTA