子供への愛しい想い、愛を叫ぶブログ

このブログは普段大きな声に出して叫べない子供への愛を思いっきり綴り、欲求を叶えてくれるというものです。 私に少しでも興味を持ってもらえたら、下記のリンクを覗いて見てください😌喜びます🌱 マイチャンネルこちら。 https://www.youtube.com/channel/UCppl1snoFtueiWOVdz5xzCg Twitterはこちらです。 https://twitter.com/kEGg7rPEJloG0fF 遊びに来ていただけると幸いです🍓ペコリ♪

産後の色々な気づかい 病室でのお見舞い

先日、妻の古くからの友人に子どもが産まれた。


初産で元気な男の子を出産した。



親友の初産ということもあり

妻はすぐにでもお祝いをしたい


赤ちゃんを見てみたいとの事だったので、


体調の確認をして日付を決め


お休みを利用して産後の病室へ

お邪魔することになった。



私は親友とはいえ


この早すぎる訪問にあまり乗り気ではなかった。



なぜなら出産して間もないため

体力もまだ回復していないだろうし


子どもたちがいると騒がしくて

迷惑になるのではないか、


私たちや子どもたち含め

風邪のウイルスを持ち込む可能性もあり


出産後のデリケートな時期な為

病には特に気をつけたい。



産後は決められた授乳時間の管理で忙しく


ホントにいつ寝てるの?と

聞きたくなるようなハードスケジュール。


その多忙なスケジュールの合間に


私たちがお邪魔して貴重な睡眠時間を

削ってしまうのではないかという心配もあったからだ。



産婦人科に到着すると

息子が大きな声で元気に走り回る。


興奮冷めやらぬ息子を抱きかかえて病室へ向かう。



病室へ入ると授乳を終えたばかりの赤ちゃんが

スヤスヤと眠っていた。



お友達も思ったより元気そうで


簡単なお祝いの言葉と粗品を渡し

妻たちが意気投合している間、


私は子どもたちが悪さをしないよう  

しっかりと監視していた。



妻と事前に

長居はしないようにと話していたので、


また改めてお祝いに伺いますと告げて

早々に病院を後にしました。



私の思いとは裏腹に

なにごともなく終わったお見舞い。



私が心配性すぎるのでしょうか。




何はともあれ


母子ともに健康で元気な姿を拝見できたことは


間違いなく訪問して良かったと思えます。




産まれたばかりの赤ちゃん。



小さくてとても可愛いかったです🍓



【いつも仲良し兄妹💗パプリカ】

https://youtu.be/JSovBfB6pTA