もぽログ.ch

このブログは普段大きな声に出して叫べない子供への愛を思いっきり綴り、欲求を叶えてくれるというものです。

ラグビーとアメフトって何が違うの?ラグビーワールドカップ2019【にわか】

ラグビーワールドカップは、


夏季オリンピック

サッカーワールドカップに次ぐ規模となる

世界三大スポーツイベントのひとつです。



そのラグビーワールドカップ


歴史上初めて日本で開催される

ラグビーワールドカップ2019。



周りの友人や知人が


自国開催でのこのお祭りに

すごく盛り上がっている。




今回の記事を結論からお話しすると、





私、全くこの競技に興味深いがないのです。




今まで数々のスポーツをこなしてきた私ですが


ことラグビーに関しては

もはやルールすらわからない。



周りの盛り上がりとは裏腹に

すごく冷めている私。



そこでこのお祭りを機に、


少しラグビー

人生初の興味を持ってみようかと思い


私なりに色々調べてみたことを記していきます。




そもそもラグビーとアメフト、


同じ競技かと思ってましたが

調べてみるとルールが全く違うことに気づきました。



・まずプレイ時間が違う

 ラグビーはサッカーみたいに前半と後半。

 アメフトは4つのクォーターに分かれている。


・そもそも人数が違う

 ラグビー15人のアメフト11人。



・防具の着用

 アメフトは防具を着けるがラグビーは着けない。



・そもそもボールの大きさから違う



ラグビーは前にパスをしてはダメ



知ったルールの中で一番衝撃的だったことは


ラグビーは横や後ろにしかパスを出せない。



映像ではそのプレイを何度も見たことがあり


ちまちました攻めかただな~と

無知な私は思ってましたが


そのルールの影響があったのですね。



アメフトでは前パスは良しとされてますが


サッカーみたいにオフサイドのような

反則はあるのでしょうか、


なければFWが敵陣の奥深くでボールを

待ってればよいのできっとあるのでしょう(適当)



今回は自国開催というのもあり


ラグビーを知りたい、


ルールを把握した上で日本を応援したいという思いで


今回の記事を書くに至りました。




とりあえずは前にパスを出してはいけない。




これを知っているだけでも

これからのラグビーの見方が変わってくると思えます。



私がこの年になっても

ラグビーに関して全く無知だった原因は



中学、高校通じてラグビー部がなかった。



自国開催で周りは盛り上がってはいますが


周りも実はにわかばかりだった。



その環境がそうさせたものだと

私なりに分析できました。




何はともあれ、


日本チームには一つでも上の

良い結果を残してほしいものです。