子供への愛しい想い、愛を叫ぶブログ

このブログは普段大きな声に出して叫べない子供への愛を思いっきり綴り、欲求を叶えてくれるというものです。

【突然の大病】私はこうして完治させた

前回の記事で

私は先天性の特異体質ということを書きました。

今回は前回と身体繋がりで

私自身が体験した病気について書いてみようと思います。


【知らずにいると危なかった】前回の記事↓↓


www.mopo-channel.com



時は遡ること学生時代、

今思えば自覚症状があったと思います。

中学生の時は野球部で3年間過ごしたのですが


高校では野球部の厳しい練習についていけずに

すぐに退部をしてしまいました。

とにかく当時の私は体力がなくて


新入部員の基礎体力をつけるトレーニングに

全くついていけませんでした。

この頃ひどく疲れやすく


15、6歳にして栄養ドリンクを飲まないと

学校にも通えない日もあったくらいです。

当時この症状はあまり気にはしてなかったのですが


それ以上に気になる別の症状がありました。



トイレに入って便座に座ると


足が小刻みに震えるのです。

動かそうと思って動かしているのではなく


自然に。

しかもこの揺れは自分の意思では止まらなかったのです。


これは両手にも同じような症状が出ていて、


手の指も小刻みに震えていたのを覚えています。


パソコンやスマホなどは持っていないので

気になっても調べたりすることはなく、

特に生活に支障がなかったので

誰かに相談や治療もせずに放置していました。


時は経ち高校2年の夏だったでしょうか

運命の日がやってきます。


その日私は学校で猛烈な腹痛に襲われ

病院で診察を受けることに。

診断結果は盲腸。


基本怖がりな性格なので


手術はせずに薬で散らすことに。


そこでの主治医に一つ気になることがあると言われ

大きな病院への紹介状を書いてもらい


盲腸が回復した後日、その病院へ。


そこで検査を受けての診断結果は

聞いたこともない病名の、



バセドウ病。

調べてみると甲状腺の病気でした。


そしてこの病気特有の症状に

当てはまることが多々あり、

私は病気だったのだと

この時始めて知ることになりました。

この病気はひどい症状になると

眼球が飛び出てきたりするそうです。

私は手術するのが怖かったので

とりあえず投薬治療に専念しました。




あまりよく覚えてませんが

とにかくこのお薬は副作用が強かったような記憶があります。



とにかく薬を飲むと発疹が出たり

しばらくは体調がすぐれませんでした。


一年くらい治療を続けた結果数値も回復し、



高校を卒業してからは

半年に一回の定期検査に通うだけで


薬も飲んでいないし再発もしていません。


この病気は手術をしないと

ほとんど治らない病気だと聞いていて、


私は投薬治療だけで完治したレアなケースだと思います。

自分の身体に起きた異変や病気。




私がこの記事を書くことで何が言いたかったか



人はひとりでは生きていけない。

誰かと接することによって

私は身体の異変や病気に気付けたのだ。


これから先の人生も何が起こるかわからない。


今まで培ってきた人との繋がりや

これから出会う人々との輪を大事にしていこうと


再確認できる内容となりました。